ロウア・バーク街

 モートンはいささか妙な顔で私を見つめた。目は刃物のようだが、それを見ず顔だけに明かり窓の光を当てたら、喜んでいるとも受け取れる、といった具合だ。「そんな話らしいですね。」と警部は言う。 馬車がやってきたので、私はお暇した。 ロウア・バーク街は立派な邸宅の連なった通りで、ノッティング・ヒルとケ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:20 pm  

この病にこの世で最も熟知している人物

「おそらくそうだろう、ワトソンくん。聞いて驚くだろうが、この病にこの世で最も熟知している人物は、医者ではなく農園主なんだ。カルヴァトン・スミス氏はスマトラの有名な入植民で、ちょうどロンドンに来ている。この病が彼の農園で発生したとき、医療も受けられない奥地だったため、やむなく自力で研究し、多大な成果を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:20 pm  

絶縁体に電気を流す電池の気持ち

「君が部屋へ入るや言ったあの言葉、わかっているね、ワトソン。そこに本があるだろう。少し疲れた。絶縁体に電気を流す電池の気持ちとは、こんな感じだろうか。六時だ、ワトソン、そのときまた話す。」 だがその時刻よりもずいぶん早く話すことになった。その様は、先ほどホームズが扉へ駆け寄ったときに負けず劣らず肝...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1415 sec.

http://team-yell.com/